一晩限りの浮気は

 

結婚をして平穏な家庭生活を営み、そのまま仲良く年をとっていく夫婦も世の中にはたくさんいます。 一方で、夫の浮気、あるいは妻の浮気が原因で家庭生活が険悪なものになったり、最終的には離婚を決意するカップルも少なくありません。

民法においては、夫婦はお互いに貞操義務を負うとされています。「不貞行為」とは、最高裁の判例によれば、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」とされています(最判48.11.15)。 この「性的関係を結ぶこと」とは、どの程度の行為を指すのでしょうか。 また、一晩かぎりの関係でも不貞にあたるのでしょうか。

この点、学説においては、不貞は性交に限られるとする説と、不貞は性交に限られないとして、ペッティングなど広い意味での性行為も含まれる、という説があります。 しかし、前者後者どちらの説に立つとしても、その男女の関係がある程度継続した仲であることが必要とされています。

酒の勢い、もののはずみなどで一回限りの不貞行為に及んだのであれば、それ以上継続的にそのような関係を繰り返すことがなければ、民法が定められている離婚原因に該当するような不貞行為には該当しないということになります。 ですから、法律婚をした夫婦であっても、嫉妬深い配偶者が、人の話などから配偶者の一度限りの過ちを知るに及び、それに激怒して離婚を決意したとしても、それだけの理由で離婚が成立すると裁判所が認めるのは難しいのです。

▽特選サイト
浮気の慰謝料の相談が無料で出来る便利なサイトです ⇒⇒⇒ 浮気の慰謝料